スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しい扉@Dallas その1

2010.10.14 *Thu
とにかく、無事に戻れてほっと一息です

楽しかったし、幸せだったし、
いいこともいやなことも、
いろいろとあり、
感じ、考え、私という箱(?)が、またほんの少しだけど一回り、広がった旅でした


前回のソルトレーク、
ゲリーさんの言葉が分からないことが悔しくて、悔しくて、
たまらなかった。
というか、ゲリーさんしか見えず、ゲリーさんまっしぐらに飛び込んでいったのがコンベンションでした。
今回は、少しでも多く理解したいと意気込んでいましたが、
同時に、せっかくの機会なのだから、ゲリーさんだけでなく、
他の参加者の方々との交流を楽しみたいという想いを持ち合わせて臨みました。

そうしたら、ちゃーんと、そういう機会が用意されていたのですね~~~

初日、
Medical Professional's Day
約250人の参加者でした。日本からは2名が参加。

ゲリーさんが来るはずなのに、最初に壇上に上がったCEOのダグから「ゲリーが来られない」とアナウンス。
ゲリーさんの住むエクアドルで、反政府組織によるゲリラ活動があり、空港封鎖。
やっとエクアドルを出たと思ったら、今度はマイアミで機体トラブルにより乗り継ぎ便が動かず足止め。
そんなこんなで、やっとこさ16時に会場入りしたゲリーさん
さぞお疲れでしょうに、
「待っていてくれてありがとう!今夜は部屋に帰れませんよ(笑)何時まで大丈夫ですか?」と尋ねるゲリーさん。
結局会場からのリクエストで、夜10時までのセミナーになりました

CIMG9153_convert_20101015001155.jpg

ゲリーさんを待つ間、
「せっかくの機会です。あなたが誰かを助けた話をここでシェアすることで、何倍もの人が助けられることになる。どうかハートを開いて、自己紹介して、あなたの体験を語ってください。」と。
円卓に座っていた私たちは、テーブルごとのシェアリングの時間を持つことになったのです。
こんなシーンがちらりと頭をよぎってはいたものの、200人を越す参加者と聞いて(それはないだろう)と安心しきっていた私。
ああ、やっぱり!
でも、そう、このために、この1カ月間ふーふー言いながら英語の勉強をしたんじゃないの!
ダンナサンに「胸を張ってカタコト英語をしゃべってくるよ」と、言って出てきたんじゃないの!

「セラピストとして最も印象深い体験談」なんて、複雑過ぎて英語にできず、
娘のおたふく風邪をオイルでケアした話をシェアしました。

同じテーブルに座っていた徳島のmokoさんが、喉につかえる英語に焦っていたら、
"Try some Valor on!"と。
ヴァラーは勇気のオイル。
そう、私たちにはオイルと言う共通言語があったのでした
そして、"Put some Cederwood, too!"
ドクター・スチュワートが学生の試験の際に必ず使わせているというシダーウッド。
学ぶこと、理解することを助けてくれるオイル。
ロールオンの空き瓶を煮沸消毒してお手製のロールオン・シダーウッドを持っていらした方が、
「耳に塗って~、額に塗って~、最後は親指にこうやってね」と説明してくださり、
テーブルのみんなでロールオン・シダーウッドを塗り塗り。
"OK! Now you can try! Let's GO!!"
みんな首をのばして私たちのたどたどしい英語に耳を傾けてくださって、
mokoさんは「ヴァラーとハーモニー、この2本だけで素晴らしい感情解放が起こっている」というサロンの様子を、見事シェアしてくださったのでした

休憩時間、あまりに分からない英語に疲弊し切っていたら、同じテーブルのLaurineが、
「私クリスチャンなんだけど、あなたのためにお祈りしても構わない?」と。
どうかお願い。なんでもやって!
「言葉が分からなくても、ヨーコのハートが理解できますように、どうか神様、あなたの言葉で通訳してください、ヨーコと私たちを祝福してください。豊かな学びになりますように。」と、お祈りしてくれました^^
翌日からのレインドロップトレーニングの前にも、頼んでお祈りしてもらっちゃった^^

その他、子ども向けのハーブ教室を開催しているDonna、
モナファームにお勤めのRenae、
ロミロミとアロマを組み合わせたセラピーを行っているAnne、
Bonnieはご主人の術後の傷跡がオイルでみるみるうちにきれいになったという話をシェアしてくれたっけ。

CIMG9167_convert_20101015001842.jpg

私たちのテーブルには、本当の「メディカルプロフェッショナル」の方がいらっしゃらなかったのが、ある意味救いだったかもしれません。
会場内には大勢のドクター、ナース、カイロプラクター、アーキュパンクチャリスト(鍼灸師)、マッサージセラピストが集まり、自分の患者さんのケアに関するオイルの使用方法について積極的に意見交換がされていました。
処方的な内容だけでなく、どうやって患者さんにオイルを受け入れてもらうか、よりよい結果を出すためのアプローチなどについても、わいわいと相談されていたようです。

ああ、やっぱり、英語ができるって素晴らしい
今ここに学びたいものがあって(ヤングリヴィングのセラピューティッググレードオイル)、
それには英語が必要だというこがはっきりしているのだから
(例え通訳がついても、全ての情報は訳し切れないし、ファームに行けば通訳がつかないし、
会員同士の個人的な会話に潜む宝の山は、やはり英語ができなければ
取り逃してしまうのですから!)
Why not?
Let's try!
英語勉強しましょう☆

スポンサーサイト
CATEGORY : 日記

COMMENT

感動のシェアリング♪
ようこさん、お帰りなさい!

「あなたが誰かを助けた話をここでシェアすることで、何倍もの人が助けられることになる。」

・・このあたりで、もぅ号泣したくなるほど、、
胸に熱くこみあげるものがありました。

ようこさんが臨まれたときの熱気が、もろに伝わってきたようでした。。

英語ブラッシュアップの奥の手、磨いていきましょう~♪

ご帰国ホヤホヤで企画してくださっているシェア会とセミナー・・
感謝です!!
飛行機取れました!ので、大阪から駆けつけますね♪
よろしくお願いいたします m(__)m

2010/10/15(金) 12:52:00 | URL | aromaspiritくらら #7vFTsnqQ [Edit
Re: 感動のシェアリング♪
くららさん☆

この度は、遠くからお越しくださって、本当にどうもありがとうございました!

ゲリーさんの「熱さ」をそのままにお伝えすることはとても出来ないのですが、
なんとなく会場の雰囲気をお伝えできていたら幸いです~~~(●^o^●)

化学の復習、どこまでできるかクエスチョンですが、
取り組んでみますね!

ありがとうございました☆
2010/10/29(金) 23:33:27 | URL | ようこ #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List


Profile

ようこ

Author:ようこ
聖油の香りにつつまれて・・・

札幌・円山☆女性のためのサロン”Tear Drop”にて、 エッセンシャルオイルを用いたレインドロップ、ゴールデンドロップ、マタニティードロップ、ローズドロップ、ニューロオリキュラーなどのアロマケアを行っています☆ 【現在お休み中】



mail

名前:
メール:
件名:
本文:



Category

はじめまして (1)
プロフィール (1)
個人セッションのご案内 (2)
エッセンシャルオイル勉強会のご案内 (1)
スケジュール・イベント・お知らせ (25)
レインドロップ (3)
ニューロオリキュラー (2)
ゴールデンドロップ (1)
ローズドロップ (1)
ご感想 (7)
日記 (73)
腸セラピー&スーリアタッチ (5)
未分類 (0)



New Articles



Archives



Links

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



One passage for us


presented by 地球の名言



Today's MOON

CURRENT MOON



RSSリンクの表示



QRコード

QR



Copyright © Tear☆Drop All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: ふるるか   まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。